しらべる

技術系の研究開発動向、市場規模、マーケット、各種シェアを調査

学童保育の市場規模のまとめ

学童保育の市場動向が注目されています。

共働き世帯の増加で、学童保育の需要が高まっています。学童保育の利用児童数は2015年月で102万人弱。待機児童数は40万人いると言われており、現在の施設数は2万5541カ所あるのですが、まだまだ足りないようです。様々な企業の参入が予想されます。2015年度の市場規模は約3000億円と言われています。

タイル向けインクジェットプリンターヘッドの市場規模のまとめ

タイル向けインクジェットプリンターヘッドの市場動向が注目されています。

タイルへの印刷のうちインクジェットプリンターを使ったものは50%程度のです(残りは通常の版を使った印刷)。版代が不要で、一品から簡単に印刷できて多品種に対応できることが強みで、今後もシェアが拡大するのではないでしょうか?タイル向けインクジェットプリンターヘッドの世界市場規模は約230億円と言われています。

経済を学ぶには数字から
  • 今日の数字 マイナーな分野ですが規模が大きい、タイル向けインクジェットプリンターヘッドの世界市場規模は約230億円

ネット広告の市場規模のまとめ

ネット広告の市場動向が注目されています。

2014年の市場規模は1兆519億円、前年比12%増です。そのうち動画広告は300億円と言われています。ネット広告はまだまだ拡大する余地がある分野です。

SIMフリースマホのシェアのまとめ

SIMフリースマホが伸びています。SIMフリースマホのシェアはどうなっているのでしょうか?

直近の一年間、2014年9月から2015年の8月までのSIMフリースマホは、前年に比べ3.2倍の伸びで、市場は急速に広がっています。この間のシェトップはエイスースが27.5%、LGが24.4%で2位。SIMフリースマホはエイスースのzenfoneが売れています。価格が比較的安く、売れているのがzenfone2laser。

家庭向け警備サービスの市場規模のまとめ

家庭向け警備サービスの市場動向が注目されています。

高齢化や共働き世帯の増加など社会環境の変化から、以前に比べ家庭向け警備サービスの需要が高まっています。2014年の市場規模は955億円、近いうちに1000億円を超えて、2017年には1081億円になると言われてます。

スマホゲームの市場規模のまとめ

スマホゲームの市場動向が注目されています。

幕張メッセでゲームショーが開催されています。ゲーム業界の市場規模は1兆円を超えています。市場を引っ張るのがスマホゲームです。スマホの国内普及台数は6000万台〜7000万台。今後も市場は拡大しそうです。

経済を学ぶには数字から
  • 今日の数字 国内ゲーム市場は1兆円

アジアの乗用車の市場規模のまとめ

アジアの乗用車の市場動向が注目されています。

アジア主要国のインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの市場規模は、現状、300万台でドイツと同程度の規模ですが、今後は拡大が期待されていて、2025年には日本と同規模の500万台になると予測されています。日本メーカーが強い地域です。

中国の産業ロボットの市場規模のまとめ

中国の産業ロボットの市場動向が注目されています。

中国におけるロボット需要は大きく、世界最大のロボット市場になると言われています。そのため、せかいのロボットメーカーは中国国内に拠点をつくったり、中国でのシェア拡大に力を入れています。中国におけるロボットのシェアは、日本と欧州のメーカーが大半を占め、一位はABBで2割強、2位は安川電機で2割、以下、ファナック、KUKAが2割弱のシェア。シェアの強弱はありますが、ほぼ横並びと考えても良い状況では?

仮想現実の市場規模のまとめ

仮想現実の市場動向が注目されています。
一時期、仮想現実の関係でセカイカメラが流行りましたが・・・今は・・・

市場規模は2020年に18兆円になると予測されています。ヘッドマウントディスプレーなどの開発も進んでいますし、数年後は当たり前の世界になっているのかもしれませんね。すでに発売されている端末では、サムスンのゴーグル型仮想現実端末「GEAR VR」などがあります。

経済を学ぶには数字から
  • 今日の数字 仮想現実の市場規模は2020年に18兆円

デジタル印刷機の市場規模のまとめ

デジタル印刷機の市場動向が注目されています。

デジタル印刷機の導入は日本が遅れ、欧米が先行しています。世界ではおよそ2兆円の市場と言われていますが、デジタル印刷機はオフセット印刷機の代替と期待されていて、オフセット印刷の市場規模は40兆円。全てが置き換わるわけではありませんが、徐々に市場が拡大してくると考えられます。

輸入豚肉の市場規模のまとめ

輸入豚肉の市場動向が注目されています。

TPPの行方次第ですが、豚肉の業界は動きがありそうです。現状、国内消費の40%が外国産、いわゆる輸入豚肉です。シェアは米国産が圧倒的、2位はカナダ産。

ヘッドアップディスプレーの市場規模のまとめ

ヘッドアップディスプレーの市場動向が注目されています。

自動車のフロントガラスに情報を映し出すヘッドアップディスプレーですが、2020年の市場規模は2014年の5倍、2000億円になると言われています。注目のウェアラブル端末や、その他様々な分野への応用が期待されている技術です。

経済を学ぶには数字から
  • 今日の数字 ヘッドアップディスプレイの市場は2020年に2000億円に

外科用内視鏡の市場規模のまとめ

内視鏡といえばオリンパスですが、消化器内の内視鏡は世界トップですが、外科用になると20%程度のシェアのようです。そのオリンパスを支えるのがCMOSセンサーを製造するソニー、その両者が共同出資して、新会社SEMEDを立ち上げました。狙いは4K内視鏡、もちろん外科用内視鏡もターゲットのようです。外科用内視鏡の市場動向が注目されています。

Copyright (C) 2013 しらべる All Rights Reserved.