読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべる

技術系の研究開発動向、市場規模、マーケット、各種シェアを調査

家事代行サービスの市場規模のまとめ

家事代行サービスの市場動向が注目されています。
家事代行の市場規模は大幅な拡大が予測されています。2012年の市場規模は980億円ですが、経産省は将来的に6000億になると予測しています。

少子化が進んでいることや、女性の社会進出による共働き世帯の増加、さらに一人暮らし世帯増加、例えば高齢者のひとり暮らし、生涯独身者の増加など、以前とは大きく環境が変わっています。

そこで注目されているのが家事代行サービスで、家事はプロに任せ休日はリフレッシュするという考えの人が増えてきたり、時間がないので家事代行で、など様々な考え方で利用されています。

簡易なサービスも登場してきて、キッチン、お風呂、洗面所の排水口掃除だけ、ふとん乾燥だけなどを請け負う企業もあります。昔のイメージではお手伝いさん、家政婦ですが、今はメニューがあって、何をして欲しいかを選ぶだけ、明朗会計です

今後も市場拡大が見込める分野です。

経済を学ぶには数字から
  • 今日の数字は、家事代行サービスの2012年の市場規模は約1000億円

電気釜の市場規模のまとめ

電気釜の市場動向が注目されています。
2014年の出荷台数は644万台、2010年比で7%減でした。減少した中で好調だったのが高級品です。
インバウンド関連で炊飯器が売れているからでしょうか?高級品が売れていることから、平均単価は上がっています。

風力発電の市場について

米国の風力発電の市場動向が注目されています。
再生可能エネルギーの米国シェアトップはインベナジーです。
その米国トップ企業が日本市場に進出し、まずは、茨城・福島県境の風力発電の開発を始めるようです。

国内の風力発電開発はさかんで、特に大型化しやすい洋上風力は太平洋側、日本海側で研究も含めた開発が進められています。

風力発電協会では長期導入目標を開示しています。
それによると

  • 2020年 1100万kW
  • 2030年 2800万kW
  • 2050年 5000万kW

あくまで目標値ですが、市場拡大の可能性は大きいのでは?

地熱発電の市場規模のまとめ

地熱発電の市場動向が注目されています。
地熱発電は火力や原子力発電などの総発電量の1%程度のシェアですが、電力不足に悩む地域では開発が加速しています。
2020年の発電量はには2015年比20%増の1542万kWなると予測されています。
設備面では東芝が世界シェア26%でトップです。

経済を学ぶには数字から
  • 今日の数字 地熱発電の設備は、東芝が世界シェアトップで26%

インドネシアの自動車の市場規模のまとめ

インドネシアの自動車の市場動向が注目されています。
インドネシアの自動車市場は120万台でタイを抜いて東南アジア最大になりました。インドネシアでは、日系メーカーが90%のシェアを持っていて、日本メーカーの競争が激化しています。

インドネシアの2015年の新車販売台数の予測は、前年比5%増の126万8000台。インフラ整備、中所得者層の増加が背景です。

経済を学ぶには数字から
  • 今日の数字 インドネシアの新車販売台数予測、2015年126万8000台(前年比5%増)

鉄道と航空のシェアのまとめ。金沢に行くには飛行機・新幹線、どちらが得なのか?

鉄道と航空のシェアはどうなっているのでしょうか?
北陸新幹線が開通したことにより、金沢への行き来は、新幹線、航空機利用が選べるようになりました。そのような地域が全国に多数ありますが、それらのおよその利用比率は、鉄道利用時間が2時間半の場合、鉄道6、航空4程度になるようです。

ちなみに品川から金沢へ行く場合
・新幹線 2:48 14,120円
・飛行機 2:50 26,070円(正規料金)、14,390円(早割3日前)、11,070円(早割28日前)

です。

早割で三日前に購入すれば、新幹線と飛行機は同じ程度、早割で1ヶ月まえに購入した場合はかなり割安です。

旅行であれば、1ヶ月以上まえから計画をたてる人が多いのでは? その場合、飛行機のほうがお得です。

オンライン・ツー・オフライン(O2O)の市場規模のまとめ

オンライン・ツー・オフライン(O2O)の市場動向が注目されています。
オンライン・ツー・オフライン(O2O)は、オンラインから、ネット外の実店舗(オフライン)へ誘導するという考え方で、例えば、位置情報を元にお得な情報や実店舗で利用可能なクーポンを受け取るサービスや、ネット上で入手した店舗の評判や商品情報などを参考に実店舗での買い物を楽しむ等があり、O2O用の機器開発も進められています。2020年の市場規模は2012年に比べ9倍の約2360億円に拡大すると見られています。

経済を学ぶには数字から
  • 今日の数字 オンライン・ツー・オフラインの2020年の市場規模は2012年に比べ9倍の約2360億円に

イスラム教徒の旅行の市場規模のまとめ

世界人口の約4分の1の16億人を占めるイスラム教徒の旅行市場が注目されています。

2014年のイスラム教徒の旅行者数は全体の約10%にあたる、1億800万人だったそうです。その市場規模が1450億ドルと大きく、注目されている市場です。

宗教別人口データ
  • キリスト教 22億5400万人 33.4%(イタリア・フランス・ベルギー・スペイン・ポルトガル・中南米・アメリカ・カナダ・イギリス・ドイツ・オランダ・北欧オーストラリア)
  • イスラム教 15億0000万人 22.2%(インドネシア・マレーシア・トルコ・エジプト・サウジアラビア・イラン・イラク・中東)
  • ヒンズー教 9億1360万人 13.5% (インド・ネパール・バリ島)

海水淡水化の市場規模のまとめ

海水淡水化の市場動向が注目されています。

日本に住んでいると、水を使えるのは当たり前ですが、人口が増加しているアジア、インド、アフリカでは水不足が深刻です。そのため海水淡水化ビジネスが注目されており、その市場規模は世界で2025年には4兆4000億円に拡大すると言われています。大型化を狙ってプラント開発、小型化を狙った製品開発が進められています。

経済を学ぶには数字から
  • 今日の数字 世界の水不足は深刻です。世界市場の規模は2025年には4兆4000億円に

ネット動画視聴者数のまとめ

ネット動画視聴者数はどうなっているのでしょうか?

2015年の世界のテレビ視聴者数(主要40の国、地域)は、11億3500万人と言われていえます。それに対し、ネット動画視聴者数は2017年には7億3200万人になり、2012年の2倍になると予測されています。テレビの視聴者数は今後減少し、ネット動画視聴者数が増えると予測されています。

経済を学ぶには数字から
  • 今日の数字 ネット動画視聴者数は2017年には7億3200万人

家庭警備サービスの市場規模のまとめ

家庭警備サービスの市場動向が注目されています。

警備サービスというと、事業所に対するものがはじめに頭に浮かびますが、セコムの家庭の契約数は2012年度に事業所の契約数を上回っています。2014年は2103年比9%増の106万9000件、まだまだ伸びている市場です。市場規模は家庭警備サービスと関連機器をあわせて、2017年に1081億円になると予測されています。

中古住宅の市場規模のまとめ

中古住宅の市場動向が注目されています。

人口減や空きや増加を背景に、国の住宅政策が新規変調からの脱却に動いています。成長戦略として中古住宅の流通とリフォームをあげていて、2020年の市場規模を2010年比2倍の20兆円にすることを目標としています。今後、市場が活況しそうです。

経済を学ぶには数字から
  • 今日の数字 リフォーム市場の政府目標は2020年の市場規模を2010年比2倍の20兆円にすることです

和室向けの天井材のシェアのまとめ

和室向けの天井材のシェアはどうなっているのでしょうか?

和室向けの天井材では国内トップシェアは南海プライウッドです。マンション増加で和室需要が減っていますが、ニッチトップ企業です。ただ、和室天井材の売上比は15%程度。その他にも、「収納材」、タンスの中を綺麗に洒落に整頓する製品も売れているようです。小さな建物の日本では、収納のニーズは強く、そのような製品が売れているようです

例えば、こんな収納材

http://www.nankaiplywood.co.jp/

車載パネル需要はタブレット需要を上回る規模に

車載パネルの市場動向が注目されています。

車載パネルの市場が急拡大しており、2015年の市場規模はタブレットを上回ると予測されています。シャープ、ジャパンディスプレイなどのパネルメーカーは、自動車メーカーへの販売拡大に向けて動きを強めているようです。特にジャパンディスプレイは、車載用で使われる中小型に強い企業です。今後の拡大に期待です。

www.j-display.com

抗がん剤の市場規模のまとめ

抗がん剤の市場動向が注目されています。

2014年の世界の市場規模は前年比12%像の8兆9000億円です。がん研究が進んだことから、抗がん剤の開発を進める企業が増えてきているようです。がんは業界全体で最もプロジェクト数が多い領域で、開発はひと昔前とは比べものにならないほど多様化しているようです。

経済を学ぶには数字から
  • 今日の数字 抗癌剤の世界市場規模はおよそ9兆円(2014)

Copyright (C) 2013 しらべる All Rights Reserved.